ベスト・キッド2 (1986) : The Karate Kid Part 2

ダニエルとミヤギのカラテ師弟コンビが活躍するシリーズ第2作目。監督は前作にひき続きジョン・G・アヴィルドセン、脚本はロバート・マーク・ケイメン。

監督:ジョン・G・アヴィルドセン
出演:ノリユキ・パット・モリタ、ラルフ・マッチオほか

・ amazon : ベスト・キッド2 (1986)
・ prime video : ベスト・キッド2 (1986)
・ U-NEXT : ベスト・キッド2 (1986)
・ dTV : ベスト・キッド2 (1986)
NetFlix : ベスト・キッド2 (1986)
YouTube : ベスト・キッド2 (1986)

ベスト・キッド2 (1986)のストーリー

前作のラストで空手選手権で優勝したダニエルは、師ミヤギの父の危篤の知らせを受け、ミヤギとともにオキナワへと発つ。しかし、到着早々ミヤギのライバルでありオキナワを牛耳るサトウと出会う。実はミヤギとサトウの間には長きにわたる因縁があり、それを晴らそうとサトウは決闘を申し込んできたのだ。しかしミヤギは決闘を断り続ける。一方のダニエルはクミコという地元の女性と出会い、互いに惹かれあうがチョウゼンらサトウの弟子たちに邪魔され続け、なかなか思いを打ち明けられずにいた。

そんな中、サトウがミヤギに決闘をさせるため、村の畑を根こそぎ枯らすという強硬手段に出る。村の人々が困るのを放っておけないミヤギは決闘をすることに決めるが、ある夜の竜巻をきっかけに、二人は仲を取り戻す。そして、村の盆踊りを城跡で行うことを許可する。

盆踊りが始まり、クミコのソロの踊りになるところで城跡にチョウゼンが乱入し、ダニエルとの一騎打ちを申し込む。クミコを人質に取られたダニエルはこの決闘を受ける。互角の戦いから徐々に押されつつあるダニエルだったが、村人がでんでん太鼓を叩き始め、ダニエルにカウンターの思いが浮かぶ。チョウゼンが攻撃してきたところをダニエルがでんでん太鼓のリズムでカウンターを当てて、チョウゼンを倒すところで物語はエンディング。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Slumdog Millionaire (2008) : スラムドッグ・ミリオネア

  2. October Sky (1999) : 遠い空の向こうに

  3. Holes (2003) : 映画「穴/HOLES]

  4. Life of Pi (2013) : ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

  5. ベスト・キッド (1984) : The Karate Kid 1

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。