October Sky (1999) : 遠い空の向こうに

『遠い空の向こうに』(原題: October Sky)は、1999年のアメリカ映画。ロケットに夢を賭ける高校生の姿を描いた青春ドラマ。ホーマー・H・ヒッカム・Jr.の自伝小説『ロケット・ボーイズ』の映画化。

1957年10月ソ連から打ち上げられた人類初の人工衛星を見たアメリカ合衆国、ウエスト・ヴァージニアの小さな炭坑の町の高校生4人が、ロケット作りに挑戦する。ロケット作りを通して、時にはぶつかり、また励まされながら成長していく過程を描く。主人公の1人であるホーマー・H・ヒッカムJr(元NASA技術者)による実話を元に製作された。この作品中でホーマーが参加したコンテストは、インテル国際学生科学フェアとして現在も行われている。
監督:ジョー・ジョンストン
キャスト:ジェイク・ギレンホール、クリス・クーパー、ウィリアム・リー・スコット、ローラ・ダーン
 ・ Amazon : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに
 ・ amazon prime : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに
 ・ Hulu : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに
 ・ U-NEXT : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに
 ・ dTV : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに
 ・ GYAO : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに
 ・ Youtube : October Sky (1999) / 遠い空の向こうに

October Sky (1999) / 遠い空の向こうにのあらすじ

1957年10月5日。ウェスト・ヴァージニア州の炭鉱町コールウッド。米国民にショックを与えたこの夜、ソ連の人工衛星スプートニクを見た高校生ホーマー(ジェイク・ギレンホール)は自分でロケットを打ち上げようという夢を抱く。彼は悪友のロイ・リー(ウィリアム・スコット・リー)とオデル(チャド・リンドバーグ)、そして級友で数学の奇才だが嫌われ者のクエンティン(クリス・オーウェン)を仲間に引き入れて《ロケット・ボーイズ》を結成。だが、ロケットは何度改良を加えても失敗が続く。昔ながらの炭鉱夫で周囲の信頼も厚い炭鉱の責任者である父のジョン(クリス・クーパー)はホーマーの行動が理解できず、父子は激しく対立する。そんな彼らの味方は高校の物理教師のミス・ライリー(ローラ・ダーン)だけだった。彼女は彼らをロケット打ち上げに成功し、全米科学コンテストに出品して優勝すれば、ヴァージニア州立大学への奨学金が出ると励ました。最初は馬鹿にしていた町の人々もやがてロケットに興味を持つようになり、彼らに協力する人も出てきた。だが不運にも、落下したロケットが山火事を引き起こしたという疑いで警察が彼らを逮捕。その直後、ジョンが炭鉱で重傷を負う。家計を助けるために高校を辞めて炭鉱で働き始めたホーマーは、その生活のなかで父の生きざまを理解して懸命に働くようになり、すぐに炭鉱夫の一員として認められた。そんな折り、ホーマーはミス・ライリーが不治の病に倒れたと聞き、彼女を見舞いに訪れ、再びロケットへの夢が再燃する。彼は独力でロケットの落下地点を計算し、山火事の原因がロケットでないことを証明した。こうして《ロケット・ボーイズ》は復活し、ついにロケット打ち上げにも成功して夢をかなえるのだった。

関連記事

  1. Holes (2003) : 映画「穴/HOLES]

  2. Slumdog Millionaire (2008) : スラムドッグ・ミリオネア

  3. Life of Pi (2013) : ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。