The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ

人間の少女とヴァンパイアの青年との恋を描き、世界中の人々を魅了してきたラブ・ストーリーの完結編の後編。母となり、ヴァンパイアに転生したベラと、父親になったエドワード、そしてジェイコブ。3人の運命に遂に終止符が打たれる。前作に引き続きメガホンを握るのは『ドリームガールズ』のビル・コンドン

 ・ amazon : The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ
 ・ amazon prime : The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ

 ・ Hulu : The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ

 ・ U-NEXT : The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ

 ・ dTV : The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ

 ・ Youtube : The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガ

The Twilight Saga : Breaking Dawn Part2 (2012) : ブレイキング・ドーン Part2 トワイライト・サーガのストーリー

ベラ・スワン(クリステン・スチュワート)は、ヴァンパイアのエドワード(ロバート・パティンソン)と結婚、自らもヴァンパイアとなることでカレン家に加わった。一方、ベラの幼馴染で彼女に恋していたジェイコブ・ブラック(テイラー・ロートナー)は、ベラとエドワードの子・レネズミ(マッケンジー・フォイ)こそが、オオカミ族に伝わる“刻印”(=運命)の相手だと悟る。永らく続いたヴァンパイアとオオカミ族の争いは終わり、ようやく平穏に暮らせる時が来るかに思えたが、3000年生きるヴァンパイアの王族ヴォルトゥーリ族は、レネズミが全てのヴァンパイアを滅ぼすといわれる伝説の存在“不滅の子”であると判断、カレン家の抹殺に乗り出す。“不滅の子”とは、人間の子供が転生したヴァンパイアのことで、抑制の効かない危険なヴァンパイアとされる。ヴォルトゥーリは代々“不滅の子”を見つけては抹殺を繰り返していたのであった。しかしレネズミを産んだ時、ベラはまだ人間だったため、レネズミは正確には人間とヴァンパイアの両方の特性を持つハーフ・ヴァンパイアだった。カレン家は「レネズミは“不滅の子”には当たらない」とヴォルトゥーリの説得を試みるが失敗、ヴォルトゥーリとの決戦は避けられない状況となる。やっとつかんだ小さな幸せを守るため、カレン家は世界中のヴァンパイアを集めオオカミ族も加えた集団を結成、ヴォルトゥーリ族との対決に備えるのであった……。

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Twilight Saga : New Moon (2009) : ニュームーン/トワイライト・サーガ

  2. The Twilight Saga : Eclipse (2010) : エクリプス トワイライト・サーガ

  3. Twilight (2008) : トワイライト~初恋~

  4. The Twilight Saga : Breaking Dawn Part1 (2011) : ブレイキング・ドーン Part1 トワイライト・サーガ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。